メンタルクリニック心の声

地下鉄空港線「赤坂駅」から徒歩5分

自律神経失調症

自律神経失調症とは

自律神経失調症のイメージ1

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の、二つから成り立つ自律神経のバランスが崩れることによって起こる病気です。

自律神経とは、自分の意思とは関係なく、生命活動の維持や調節をして、絶え間なく活動している神経のことです。
自律神経が乱れると、身体に様々な障害が出てきます。
自律神経失調症は日本特有の病名ですが、身体(内臓)は特に異常はないのに、さまざまな身体の症状を呈するものをいいます。

自律神経失調症は、原疾患としてうつ病やパニック障害、身体表現性障害などが認められることが多く、元になっている病気が特定できない場合でも、ストレスが主な原因になっている可能性が高いため、適応障害と診断される場合もあります。

内科で自律神経失調症と診断された場合には、改めて精神科や心療内科で診察・カウンセリングを受けることを勧められています。

自律神経失調症の
主な症状

  • 身体的症状

    • お腹が痛い
    • 下痢が続く
    • 胸焼けがする
    • 食欲がわかない
    • 頻尿である
    • 残尿感がある
    • 口が渇きやすい
    • 肩こりが続く
    • 全身がだるい
    • 冷や汗が出る
    • 身体の一部が震える
    • 緊張する場面ではないのに脈が速くなる
    • 激しく血圧が上下する
    • 立ちくらみがする
    • 耳鳴りがする
    • 吐き気がする
    • 頭痛が続く
    • 微熱が続く
    • 生理不順
    • 過呼吸になる
  • 精神的症状

    • 人間不信になる
    • 情緒不安定になる
    • 不安な気持ちが続く
    • イライラが続く
    • 抑うつ気分になる

自律神経失調症の
原因

自律神経のバランスが崩れる原因は、ストレス、生活習慣の乱れ、環境の変化、ホルモンバランス等が関係しています。ストレスの受け方には個人差がありますが、ついつい無理をしてまう方、休みを取ることが苦手な方は、なかなかストレスが解消されずに、自律神経のバランスを崩しやすくなります。

生活習慣に関しては、栄養・睡眠がしっかりとれていないこと、コーヒー・エナジードリンクなどのカフェイン飲料を摂取しすぎていること、喫煙などが影響します。また、結婚や離婚、転勤、転職などの環境変化が影響することもあります。

女性の方で自律神経失調症を発症する理由としては、生理周期や妊娠、更年期といったライフステージの変化に伴うホルモンバランスの崩れが挙げられます。

自律神経失調症の
主な治療方法

温泉

できればしばらくお仕事などを休んでしっかり身体を休めることが大切です。
それが難しい場合は、薬(精神安定剤、自律神経調整剤、時に漢方)を用いて、カウンセリング、環境調整(時には配置転換)などを組み合わせていきましょう。
そうすれば、充分に治る病気です。

WEB予約はこちら